NO.19 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍 無断転載禁止

NO.19 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍 無断転載禁止 Ⅶ.プロ野球選手以前に自立と自己管理を 1.自立心、自己管理、自己責任は~ プロ選手としてのコンデイションング管理の重要性: 真のプロフェッショナル・アスリートは、通常自らの…

NO.18 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍 無断転載禁止

NO.18 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍 無断転載禁止 Ⅵ.壊し屋さんへのリスクヘッジ 1.リスク軽減する為の専門家の導入~ 松井秀喜選手の場合: それでは、この壊し屋さんたちの日常の業務を如何にして、その被害から球団の財産を最小…

NO.17 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍

NO.17 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍 無断転載禁止 Ⅴ.プロ野球の指導者に何を求め期待するか 1.監督がお飾り的な場合: 有能な競技者は、有能な指導者にあらず~ 以前本BLOGでご紹介いたしましたように、オリンピックのメダリスト、…

NO.16 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍 無断転載禁止 

NO.16 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍 無断転載禁止 Ⅳ.ジャイアンツに於ける監督の位置付け: 1.巨人軍監督の虚像と実像: 人気商品としての監督業~ 東京読売巨人軍の親会社・企業は、読売新聞社でマスメデイアである事を既に紹介致…

NO.15 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍

NO.15 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍 無断転載禁止 Ⅲ.ベースボール・アドミニストレーションの基軸 1.GMは、編成の統括責任者: GMの職責、責務を明文化せよ~ 球団の経営、運営、管理には、大きく二つの基軸が両輪となっている事を…

NO.14 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍

NO.14 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍 無断転載禁止 II.フェアネスを敵に回した手法の対価 1.東京読売巨人軍の特徴: 本球団の特徴は、経営母体がマスメデイア企業である事から、常に人気選手、人気球団を維持、持続させなければ視聴…

NO.13 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍

NO.13 河田弘道のプロ野球の視点:どうした東京読売巨人軍 無断転載禁止 Ⅰ.東京読売巨人軍と読売新聞社の関係 何故「若手が育たない」と揶揄されるのか: 此処近年、選手の能力で勝利して来た時代は、終焉してしまったのでしょうか。この所、ジャイアンツ…

NO.12 河田弘道の限られた体験より:日本の大学の経営者と管理者

NO.12 河田弘道の限られた体験より:日本の大学の経営者と管理者 無断転載禁止 Ⅱ:私立大学の経営基盤と情報公開の必要性 1.収入源と許認可問題: 日本の私立大学は、何を収入源として大学経営を行っているのでしょうか。読者の皆さんは、こんな疑問を持っ…

NO.11 河田弘道の限られた体験より:日本の大学の経営者と管理者

NO.11 河田弘道の限られた体験より:日本の大学の経営者と管理者 無断転載禁止 Ⅰ:大学選びは慎重に Ⅱ:私立大の経営基盤と情報公開の必要性 I.大学選びは慎重に これからの日本の大学選びは、過去のような「何処の大学に行かせたい、何処の大学に行きたい…

NO.10 河田弘道の素朴な疑問(第三話):桑田真澄投手(元東京読売巨人軍)

NO.10 河田弘道の素朴な疑問(第三話):桑田真澄投手(元東京読売巨人軍) 無断転載禁止 第三話:貴重な戦力としての桑田氏 桑田氏のような人材は、日本球界に於いて本当に稀です。また、彼の古巣の巨人軍が今なお彼を雇用しないのもこれまた奇異なり。 私…

NO.9 河田弘道の素朴な疑問(第二話):桑田真澄投手(元東京読売巨人軍)

NO.9 河田弘道の素朴な疑問(第二話):桑田真澄投手(元東京読売巨人軍) 無断転載禁止 第二話:プロ指導者の現状と問題 注:第一話:素朴な疑問、第二話:プロ指導者の現状と問題、 第三話:貴重な戦力 としての桑田氏 プロ野球界には、指導者たる人材の養…

NO.8 河田弘道の素朴な疑問:桑田真澄投手(元東京読売巨人軍)

NO.8 河田弘道の素朴な疑問:桑田真澄投手(元東京読売巨人軍) 無断転載禁止 この度の本テーマに付きましては、BLOG読者よりのリクエストを優先させて頂きました。よって、私は、ベースボール・アドミニストレーターとしての視点と立場で述べさせて頂きます…

NO.7 河田弘道の独り言:東京五輪マラソン代表選考にある「大人の事情」とは~

NO.7 第二話:栄枯盛衰 無断転載禁止 高校、大学を卒業後、大多数の優秀な選手達は、企業に就職し、陸上部に所属して実業団連盟、そして陸連に選手登録をしているのです。そして選手、指導者は、企業から給与として生活の糧を得ています(注:外国人選手は、…

NO.6 河田弘道の独り言:東京五輪マラソン代表選考にある「大人の事情」とは~

NO.6 河田弘道の独り言:東京五輪マラソン代表選考にある「大人の事情」とは~ 無断転載禁止 注:本記事は、一話、二話に分けて掲載させて頂きます。 第一話:マラソン選手代表選考の歩み 私は、近年マラソンという競技スポーツイベントの商品価値がスポーツ…

NO.5 河田弘道の見解:日本版NCAAに付いての報道 2017年5月10日

NO.5 河田弘道の見解:日本版NCAAに付いての報道 2017年5月10日 無断転載禁止 私は、長年米国大学に於いて競技スポーツ(フットボール、バスケットボール、野球、バレーボール、体操競技、等々)のスポーツアドミニストレーターとして、NCAA(全米大学競技ス…

NO.4 河田弘道のBLOG立ち上げの趣旨、目的~

NO.4 河田弘道のBLOG立ち上げの趣旨、目的~ 筆者は、約10年間日本の大学での講義授業、演習(ゼミ)活動を指導させて頂きました。本講義授業、ゼミは、スポーツアドミニストレイション論を基盤としたスポーツビジネス、マネージメント、マーケテイング、…

NO.3 河田弘道の「日・米のスポーツ・アドミニストレーションの違いと疑問」

NO.3 河田弘道の「日・米のスポーツ・アドミニストレーションの違いと疑問」 著者:河田弘道 無断転載禁止 目次 1.はじめに 2.日・米のスポーツに対する考え方と社会的な認識の違い 3.契約に対する概念 4.MLBの経営理念 5.米国のプロ球団組織・団…

NO.2 スポーツアドミニストレーション論とスポーツアドミニストレーター(中央大学、東京国際大学)

NO.2 スポーツアドミニストレーション論とスポーツアドミニストレーター 無断転載禁止 私は、2005年9月より2017年3月迄、約10年間、日本の大学にてスポーツアドミニストレーション論の講義授業と付帯するゼミを指導して参りました。本専門分野、…

NO.1 ご挨拶

NO.1 ご挨拶 初めまして、私は、Gファイルに掲載されています河田弘道です。 読者の皆様からいつも沢山の書評を賜りまして感謝申し上げます。 この度は、はてなBlogメデイアを活用させて頂きます。 ご指導の程宜しくお願い致します。感謝