読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河田弘道の独り言:東京五輪マラソン代表選考にある「大人の事情」とは~

第二話:栄枯盛衰 高校、大学を卒業後、大多数の優秀な選手達は、企業に就職し、陸上部に所属して実業団連盟、そして陸連に選手登録をしているのです。そして選手、指導者は、企業から給与として生活の糧を得ています(注:外国人選手は、契約、日本人選手も…

河田弘道の独り言:東京五輪マラソン代表選考にある「大人の事情」とは~

河田弘道の独り言:東京五輪マラソン代表選考にある「大人の事情」とは~ 注:本記事は、一話、二話に分けて掲載させて頂きます。 第一話:マラソン選手代表選考の歩み 私は、近年マラソンという競技スポーツイベントの商品価値がスポーツビジネスの視点から…

河田弘道の見解:日本版NCAAに付いての報道 2017年5月10日

河田弘道の見解:日本版NCAAに付いての報道 2017年5月10日 私は、長年米国大学に於いて競技スポーツ(フットボール、バスケットボール、野球、バレーボール、体操競技、等々)のスポーツアドミニストレーターとして、NCAA(全米大学競技スポーツ協会)に大学…

河田弘道のBLOG立ち上げの趣旨、目的~

河田弘道のBLOG立ち上げの趣旨、目的~ 筆者は、約10年間日本の大学での講義授業、演習(ゼミ)活動を指導させて頂きました。本講義授業、ゼミは、スポーツアドミニストレイション論を基盤としたスポーツビジネス、マネージメント、マーケテイング、プロモ…

河田弘道の「日・米のスポーツ・アドミニストレーションの違いと疑問」

河田弘道の「日・米のスポーツ・アドミニストレーションの違いと疑問」 著者:河田弘道 目次 1.はじめに 2.日・米のスポーツに対する考え方と社会的な認識の違い 3.契約に対する概念 4.MLBの経営理念 5.米国のプロ球団組織・団体のビジネス形態 6…

スポーツアドミニストレーション論とスポーツアドミニストレーター(中央大学、東京国際大学)

スポーツアドミニストレーション論とスポーツアドミニストレーター 私は、2005年9月より2017年3月迄、約10年間、日本の大学にてスポーツアドミニストレーション論の講義授業と付帯するゼミを指導して参りました。本専門分野、部門は、学問として…

ご挨拶

初めまして、私は、Gファイルに掲載されています河田弘道です。 読者の皆様からいつも沢山の書評を賜りまして感謝申し上げます。 この度は、はてなBlogメデイアを活用させて頂きます。 ご指導の程宜しくお願い致します。感謝